妖怪大戦争

「妖怪大戦争、観に行かない?」
「いやだ~。あんな映画見たくない~。」
こんな風に断わられ続けること数回。
こりゃ一人で観に行くしかないな。と諦めていた。

が。奇特な双子現る。
しかも、誘おうと思ってメールを作っている時に向こうからお誘いのメールが来た。
やっぱり親友だけあって以心伝心なのである。

そんなこんなで待望の妖怪大戦争、見てきました。

「夏は仕事が忙しい」と、水木センセイが何かの本で仰っていたが、今年は例年より忙しい夏をお過ごしです。
だって今年は「水木year」と言って過言ではないんですもの!
姑獲女の夏の原作者京極夏彦、妖怪大戦争の原作者荒俣宏。
水木フリークとして有名な二人は、自分の作品が映画化されるということで
「ここぞ」とばかりにセンセイに参加してもらっている。(笑)

今回の水木センセイは自ら妖怪としてご出演。しかも物語の〆の場面でご登場。
子供向きで、どちらかといえばコメディーの本作にも関わらず
水木センセイの「戦争をしてはいけないのです」の言葉で感涙致しました。

妖怪が沢山出てくるので、嬉しかったです。
衣装やメイクがしっかりしていたのでかなりリアルでした。
忌野清志郎なんか正に妖怪だったし。

★スクリーンの向こうのセンセイはお元気そうだったので、なによりです。
神木隆之介くんが苦手じゃなくなりました
[PR]
by moominet | 2005-08-14 02:57 | 映画を観た


<< 冥土カフェ お墓参り >>