お墓参り

私の上京が決まってからというもの
おかあさんは「家族の思い出に」 と、やたら写真を撮りたがる。

今日なぞは「お墓参りの思い出に」と言って写真を撮っていた。
おかあさん、今日は撮らへんでも いいんちゃうやろか…

祖母、叔母、母、弟、私。
墓地で親族写真。
ちなみにセルフタイマーで撮影。
セルフタイマーをセッティングしているおかあさんは必見だった。

ついでにご先祖様も一緒に写っていたかもね。ひひひ。

★この続きはまた明日
[PR]
# by moominet | 2005-08-07 03:36 | 感じたこと

生まれた街

蝉がミーンミーンと鳴く。
日差しが皮膚を焼く。

内定式の日程が迫っているので、カッターシャツをクリーニングに出した。
自転車で5分。

クリーニング店の付近には、私が生まれたマンションがある。
「ちょっと足を伸ばしてみよう」

生家の向かいに公園がある。
その公園で自転車を止める。

私は2歳まで、そこに住んでいた。
記憶はない。

でも、幼い頃のアルバムには
この公園で遊んでいる写真がある。

「ここで生まれたんやなぁ」

★社会人生活を控え、自分のルーツを探る今日この頃。
[PR]
# by moominet | 2005-08-03 20:12 | 感じたこと

姑獲鳥の夏

京極夏彦原作
『姑獲鳥の夏』がようやく映画化されました!

京極堂シリーズ第1弾が映画化ということで 楽しみにしていたのですが
期待を裏切らない仕上がりになっていました。
「期待を裏切らない」理由は、セットです。

昭和20年代の古き良き日本が しっかりと再現されていました。
京極堂の書庫、九遠寺医院、関口巽の自室のセットが特に印象的です。
(九遠寺医院のセット、実は六分の一模型らしいです)
かなりこだわって作られてました。

あとは、水木センセの紙芝居が観れたり、原作にはない水木しげる役が登場したり…
(しかも京極氏が演じている!好きすぎて、本人になったのね。気持ちは分かるが…(笑))
こんなところでセンセの面影と出会えるなんて!と、たなぼたの喜びもありました。

official homepageでも雰囲気は充分伝わってくるので、良かったら一度ご覧下さい。

★和寅役は誰がするのだ…?と思っていたら最近イチオシの荒川良々(よしよし)さんが!
ぴったりすぎるじゃないか、これは!

★次は妖怪大戦争だな…ひっひっひ(^-^)v
[PR]
# by moominet | 2005-08-03 19:02 | 映画を観た

皇帝ペンギン

マイナス40度の南極。
生あるものが生きるには、過酷すぎる環境。

そこで生きる皇帝ペンギンの定め…

感動でもなく、動物愛をそそるでもなく
皇帝ペンギンの生態を淡々と描く。
…だから、良かった。
「生きる」ことの意味を考えさせられた。

フランス語だったのでフランス映画かなと思っていたら
テーマソングは英語。
アメリカ映画じゃないことは確か。

★「♪i wish i live a paradice~」と歌っていたあの曲、欲しい。
[PR]
# by moominet | 2005-08-03 18:37 | 映画を観た

hoso boso再開

ご無沙汰しております。

のっぴきならない事情と どうして良いか分からない問題が続き、
前ブログをお休みしておりました。

新しいブログで、また初めてみようと思います。
hoso bosoと…
[PR]
# by moominet | 2005-08-03 18:17 | 考えてみた