カテゴリ:映画を観た( 4 )

永遠の片思い

e0041403_217412.jpg

韓国映画好きの私。
オーバー40のおばちゃまみたいな恋愛観なのか、心境なのか、
自分でもその辺りは謎ですが、とにかく韓国映画ズキ。
切なくて素直に泣ける映画が多いから好きなんです。



あの日本純愛ブームの「セカチュ―」「今会い」とちょっと似てるんだけど、
どっか違う、それが韓国映画。
筋書きは、「今会い」並みに切ないベタ~な話なんだけど、
最後にドンデン返しがあったりして、いい意味で期待を裏切ってくれる。
そのへんは韓国、純愛路線の本場だけあるな~と思う。

私の親友チヨが韓国人(あと日本とスイスの血が入っている国際人ですが)
だから、彼女から色々と韓国文化について聞いている。
彼女が強く主張しているのは、韓国の人は感情の起伏が激しい!ということ。

感情の起伏が激しいと感情が豊かというのは相通ずるものがあるはず。
だから韓国人は「切ない」とはどういうことかっていうのを熟知していて
あんな映画が作れるのかもね。
感情をとにかく揺さぶってくるしね。
あと、やっぱ国が違うから、ストレートな純粋さも受け入れれるというか。
「そういうありえないことがあってもいいやん♪」的に受け止められる。

この映画も、また沢山感動して、沢山涙しました。
男女3人、恋愛の三角関係の物語かと思えば、それが違いました。
しかも最後に全部分かります。面白かったです。
最後のドンデン返しには、驚き半分、感動半分で大粒の涙でした。


★この歳で、韓国映画好きの人なんて出合ったことがなかとです。誰かいたら挙手してください。
そして一緒に映画館へ行きましょう!
★「マラソン」も見てみたい。
[PR]
by moominet | 2005-08-21 01:16 | 映画を観た

妖怪大戦争

「妖怪大戦争、観に行かない?」
「いやだ~。あんな映画見たくない~。」
こんな風に断わられ続けること数回。
こりゃ一人で観に行くしかないな。と諦めていた。

が。奇特な双子現る。
しかも、誘おうと思ってメールを作っている時に向こうからお誘いのメールが来た。
やっぱり親友だけあって以心伝心なのである。

そんなこんなで待望の妖怪大戦争、見てきました。

「夏は仕事が忙しい」と、水木センセイが何かの本で仰っていたが、今年は例年より忙しい夏をお過ごしです。
だって今年は「水木year」と言って過言ではないんですもの!
姑獲女の夏の原作者京極夏彦、妖怪大戦争の原作者荒俣宏。
水木フリークとして有名な二人は、自分の作品が映画化されるということで
「ここぞ」とばかりにセンセイに参加してもらっている。(笑)

今回の水木センセイは自ら妖怪としてご出演。しかも物語の〆の場面でご登場。
子供向きで、どちらかといえばコメディーの本作にも関わらず
水木センセイの「戦争をしてはいけないのです」の言葉で感涙致しました。

妖怪が沢山出てくるので、嬉しかったです。
衣装やメイクがしっかりしていたのでかなりリアルでした。
忌野清志郎なんか正に妖怪だったし。

★スクリーンの向こうのセンセイはお元気そうだったので、なによりです。
神木隆之介くんが苦手じゃなくなりました
[PR]
by moominet | 2005-08-14 02:57 | 映画を観た

姑獲鳥の夏

京極夏彦原作
『姑獲鳥の夏』がようやく映画化されました!

京極堂シリーズ第1弾が映画化ということで 楽しみにしていたのですが
期待を裏切らない仕上がりになっていました。
「期待を裏切らない」理由は、セットです。

昭和20年代の古き良き日本が しっかりと再現されていました。
京極堂の書庫、九遠寺医院、関口巽の自室のセットが特に印象的です。
(九遠寺医院のセット、実は六分の一模型らしいです)
かなりこだわって作られてました。

あとは、水木センセの紙芝居が観れたり、原作にはない水木しげる役が登場したり…
(しかも京極氏が演じている!好きすぎて、本人になったのね。気持ちは分かるが…(笑))
こんなところでセンセの面影と出会えるなんて!と、たなぼたの喜びもありました。

official homepageでも雰囲気は充分伝わってくるので、良かったら一度ご覧下さい。

★和寅役は誰がするのだ…?と思っていたら最近イチオシの荒川良々(よしよし)さんが!
ぴったりすぎるじゃないか、これは!

★次は妖怪大戦争だな…ひっひっひ(^-^)v
[PR]
by moominet | 2005-08-03 19:02 | 映画を観た

皇帝ペンギン

マイナス40度の南極。
生あるものが生きるには、過酷すぎる環境。

そこで生きる皇帝ペンギンの定め…

感動でもなく、動物愛をそそるでもなく
皇帝ペンギンの生態を淡々と描く。
…だから、良かった。
「生きる」ことの意味を考えさせられた。

フランス語だったのでフランス映画かなと思っていたら
テーマソングは英語。
アメリカ映画じゃないことは確か。

★「♪i wish i live a paradice~」と歌っていたあの曲、欲しい。
[PR]
by moominet | 2005-08-03 18:37 | 映画を観た