だんじり

今年のワタシは祭り尽くし。
けふも岸和田だんじり祭りへ行って参りました。

京都の祭りが「雅やか」なら、大阪は「いなせ」ですね。
「セイヤセイヤ」の掛け声と太鼓、笛の音と共にだんじりが猛スピードでやってくる。
一瞬、命の危機を感じましたヨ。だって、突然進路を変更したんだもん。だんじりが。
「そんな勝手に進路変えてよいの?!」と心の中で言っていました。
見物客は「危ない、危ない!」や「きゃ~」「うわ~」とか言いながら周囲に逃げる。
一時騒然。

あと、救急車がしょっちゅう通るのにはビックリした。
しかも救急車がピーポー言って向かって来ているのに、それを止めてだんじりが通る。
あくまでだんじり優先。
驚きですよ。同じ関西だとは思えないですよ。

他にも岸和田の無法地帯ぶりには驚きましたが、なによりみんな「祭りが好き」なんですね。
元々、祭は地元の人達の娯楽であり祈りであったはずが、最近はその伝統が失われつつある…
そんな中岸和田の人達は本気でだんじりを愛していて、本気で祭を楽しんでいるのを感じたので
「嗚呼いいなぁ」と思いました。
岸和田アツイぜ!

★藤井町というところのハッピは背中に「」と入っています。むふふ。
★来年は観覧席で見てやるぜ!
[PR]
# by moominet | 2005-09-15 23:49 | 楽しかったよ

ゲゲゲの旅

水木しげるを育んだ街、境港。
街全体が素晴らしく「げげげワールド」です。

まず米子から境港へ向かう電車が「げげげ」
国鉄時代の古い電車が中も外も「げげげ」なペイントで施されています。
境港の人たちは毎日これに乗って学校へ行ったり、仕事へ行ったりしているのか…
もう境港に着く前にノックアウトですヨ。こりゃ。

水木しげるロードはあまりにも有名なのでここでは割愛しますが、
ロードの中にある「街灯」には言及しときます!
名付けて、目玉ライト。
街灯のライトの部分が、リアル目玉のおやじなんです。
手足は付いてなくて目玉の部分だけだけど、街灯にぴつたり!
緑色の柱がくね~っと曲がっている具合もキュートでした。

ロードから数分歩くともう海。
境港は漁港なので、船がたくさん。
センセイは学生時代、境港の海と船の絵をよく描いていたので
「この景色を見ていたんだな~」と思うと胸が熱くなりました。
海の向こうには島根半島がすぐそばにあります。
センセイの出雲びいきは、こんなところから来ていたのかもね。

★鬼太郎グッツ買いまくり。ディズニーランドへ行った時の倍は購入しました。
★今日はこれ↓でだんじり祭へ行きましたヨ。一歩間違えるとアキバ系だな、こりゃ。
e0041403_23213957.jpg
[PR]
# by moominet | 2005-09-15 23:22 | 楽しかったよ

出雲

旅から帰って参りました。
「ただいま~」

境港(鳥取県)へ向かう途中、少し遠回りして出雲(島根県)へも足を伸ばして参りました。

出雲大社のすぐそばにある「荒木屋」という創業200年の老舗蕎麦屋へ。
そこに川端康成のサインが何気なく飾ってあったのですが、何気なさすぎて驚きました。
色紙には「美味迎年」
川端先生はここで年越し蕎麦を食べたのでしょうかねぇ…。しみじみ。

その後、出雲大社と出雲の阿国のお墓へ。
出雲の阿国は京都にもゆかりのある、歌舞伎の開祖ですが、
そのお墓はボロボロで、荒れ果てたものでした。
それを見て悲しくなった私達は、その辺りに咲いていた草花を摘んできてお墓に供え、
持っていたペットボトルに水を汲んできてお墓を綺麗にしてあげました。
阿国さん、アーメン。

その後、日本海に浮かぶ神秘の島も見てきました。
誰も行けないようなその島の上に、ぽつねんと鳥居があるのです。
きっとあれは神様だけが降りられる島なのでせう…
そこで生まれて初めて灯台に登りました。
どこまでも広がる青い海と青い空。
そんな景色を前にして風に吹かれていると、まるで自分が鳥になったみたいでした。

ビバ!島根!

★「日本にこんな美しいところがあったのね」今回の旅はこの一言に尽きます。
[PR]
# by moominet | 2005-09-15 22:38 | 楽しかったよ

出雲、境港

明日からしばらく旅行へ行ってきます!

出雲で歴史と精霊を感じ、
境港で水木センセイに狂う旅になる予定です。

お天気はあまりよくないみたいなんだけど
持ち前の「晴れ女」っぷりを発揮してきたいと思います。


☆もちろん自分へのお土産は
「ちゃんちゃんこエプロン」だす。
[PR]
# by moominet | 2005-09-11 01:52 | 楽しかったよ

プレゼント

今日はバイト先の社長の娘さんの4回目のお誕生日。

とっても元気でカワイイ女の子で、バイト先のアイドルなんです。
今年は事前に誕生日が分かったので、プレゼントをあげました☆

それぐらいの子に贈物をしたことがないので
「なににしよ~」とずいぶん悩んだのですが
絵本にしよう!と思い、私のお気に入りの本を選びました。

e0041403_148974.jpg「ゆかいなゆうびんやさんのだいぼうけん」
主人公のゆうびんやさんが、へんてこなお手紙を配達するお話しです。
投函者が魔女だったり、動物だったり…
色んなハプニング発生でゆうびんやさんはてんてこまい!

何よりこの絵本が素敵なのは、投函された手紙が、実際の「手紙」になって絵本に入っているんです。

手紙だけじゃなく、投函者が同封したちょっとした「おまけ」も沢山入っていてオモシロイ。



本当に自分が手紙を受け取った気分になれるから、より一層絵本の世界に入り込めるんです♪
しかけ絵本の中でも、かなりグットな絵本なので、
「百聞は一見にしかず」
是非一度書店で見かけたら開けてみてください。感動できる代物です☆保証付!
[PR]
# by moominet | 2005-09-04 02:00 | 楽しかったよ

BBQ

昨日はアルバイト先のみんなでBBQをしました。
毎年の恒例イベントで今年は約35人のスタッフが参加しました。

バーベキューとは言え、ハモや秋刀魚、あわびにサザエが登場する
生もの満載の野外お料理会みたいな感じ。
うんまぁ~い(^^のなんの。
最高でした☆

あと昨日はすっごく晴れていたので、日焼け止めを塗ったにもかかわらず
結構焼けました…ぐすん。

そうそう、そしてその後みんなでボーリング大会をしたんだけど
生まれて初めてスコア110をとりました!
今まで最高でも70とかで、いつも大体50ぐらいしか取れない超ヘタッピだったのに
今年は神降臨でした!
なんとなくコツをつかんだ気がする♪ボーリングって楽しいじゃん♪

以上、徒然なる日記でございました☆
[PR]
# by moominet | 2005-08-31 01:35 | 楽しかったよ

昨日の事

昨日のことになりますが
昨日は私のお父さんのお仕事参観に行ってきました。

某百貨店で今、お父さんの絵の展示会が開かれているのですが
昨日はお父さんがその場で絵を描くというデモンストレーションが行われる日でした。

お父さんが実際に絵を描く姿というのは意外と見ているようで見てなくて、
「こんな風な顔をして、こんな風に描いているんだぁ」と、感慨深いものがありました。

ちなみに、祖母 叔母 母と行ったのですが
この3人は、「集まる」とカナリ賑やかになる人たちで、圧倒されるばかりなのですが
私は密かにその話を聞いては「この人たちはなかなか面白い」と心の中で思うんです。

「どこどこのお料理が安いわりに美味しい」とか
「この前、家の近くにこんなお店が出来た」とか
私にとっては何の興味も湧かないことを延々と、話ししてます。
しかもべたべたの京都弁で話すので耳に残ります。
近くに住んでいて、週に1度は会っている彼女達なのに(しかも祖母と叔母は同居)
どうしてこう、会話が途絶えず、しかも弾んでいるのか。(笑)
父の仕事参観を含め、「いい家族だな~」と思った1日でした♪

☆このメンバーでいると、母は何故か私のことを「叔母の名前」と間違えます。
☆祖母も、母と叔母の名前をよく間違えています。みんな、間違いすぎです。(笑)
[PR]
# by moominet | 2005-08-29 02:11 | 楽しかったよ

かぶがぶ ごくん

本、本、本祭り~♪
てな具合に、今日は本尽くし。

私が最近使っている鞄はかなり小さいんだけど、
なんと今日は本が三冊も入っていました。
本でぎゅうぎゅう。

一冊は聖書ぐらいの分厚さがある、京極夏彦の本で
二冊目は水木センセイ関係の本で
三冊目は美輪明宏の新作♪

まるで私の頭の中を3分割したような趣。
後ろ2冊は今日買った本なんだけど、嬉しくってたまらない^^
ハッピーハッピー♪
そして、こんなことで幸せになれるアタシもハッピーハッピー♪

e0041403_28870.jpg
←京極の本はとにかく分厚かった(749ページあるよ)けど
ようやく終盤に差し掛かって来たので
そろそろ全ての謎がそろそろ解けるところ!
今めっちゃイイところなのでブログ書き終わったら、
一目散に本を手に取ります^^

わくわく。どきどき。

以上、ナチュラルハイのなっちゃんでした☆またね。
[PR]
# by moominet | 2005-08-28 02:07 | 本を読んだ

ラムネ★

夏の風物詩。といへば、
№1 ふうりん
№2 ラムネ
№3 水泳用ビニールバック

以上、私の独断と偏見でランキング。

風鈴は、来年一人暮らしをした暁には絶対に購入しようと思っている。
り~んり~ん。
血液の温度も上がりそうな暑い日も、その音を聞いてるだけでのんびりした気分になるしね。

そして今日もラムネを賞味。今年三度目。
私が自ら買うのではなく、私の父が買ってきてくれる。
父の時代は清涼飲料がラムネと三ツ矢サイダーしかなかったのだ!という話を聞いたのも今年三度目。
そんな時代をそうぞうしながら、ラムネを飲むのが楽しい。

風鈴の音を聞きながら、打ち水をした縁側でラムネを飲む。
頭の中が昭和初期へタイムスリップするのです。

★京極夏彦の本を読んでいるので、今の私の頭の中は昭和初期。
★我家は父が打ち水フェチなので、毎日ベランダが水浸しです。(笑)
[PR]
# by moominet | 2005-08-27 02:21 | 感じたこと

備えあれば患いなし

東京でどのあたりに住もうかな。
そろそろ大体の目星を付けとこうと思って、地図を購入しました。

古地図含め、「地図」をただ眺めるだけでも楽しい質なので、どれにするかなかなか決心がつかない。
急いでいた私は「今回は棲家を決めるための地図を買うんだ!」と初心にかえり、
ひときわ目を引いたこの本に決めました。

その名も「大地震 東京危険度マップ」e0041403_322176.jpg
非難ルート、建物危険度、地盤のゆるさ、火災危険度などなど…
やや世紀末的内容ですが、備えあれば患いなし!なのです。

じっくり読んだ感想としては
地図の基本情報はちゃんと押さえてあるので、普通に使えるけど
大事な大事な「津波対策」に触れていないのが残念。
地震に関する地図を作るなら、もうちょっと徹底して欲しかったなって思うところも他何点かある。
アマゾンのレビューでも同じようなこと書かれてました。
出版元の朝日出版社っていう会社も聞いたことないしね。うぐ。


★小学校5年生の時に経験した阪神大震災はトラウマです
★お台場とか埋立地って、地震に強いんだろうか。すごく疑問。
[PR]
# by moominet | 2005-08-25 03:29 | 本を読んだ