だんじり

今年のワタシは祭り尽くし。
けふも岸和田だんじり祭りへ行って参りました。

京都の祭りが「雅やか」なら、大阪は「いなせ」ですね。
「セイヤセイヤ」の掛け声と太鼓、笛の音と共にだんじりが猛スピードでやってくる。
一瞬、命の危機を感じましたヨ。だって、突然進路を変更したんだもん。だんじりが。
「そんな勝手に進路変えてよいの?!」と心の中で言っていました。
見物客は「危ない、危ない!」や「きゃ~」「うわ~」とか言いながら周囲に逃げる。
一時騒然。

あと、救急車がしょっちゅう通るのにはビックリした。
しかも救急車がピーポー言って向かって来ているのに、それを止めてだんじりが通る。
あくまでだんじり優先。
驚きですよ。同じ関西だとは思えないですよ。

他にも岸和田の無法地帯ぶりには驚きましたが、なによりみんな「祭りが好き」なんですね。
元々、祭は地元の人達の娯楽であり祈りであったはずが、最近はその伝統が失われつつある…
そんな中岸和田の人達は本気でだんじりを愛していて、本気で祭を楽しんでいるのを感じたので
「嗚呼いいなぁ」と思いました。
岸和田アツイぜ!

★藤井町というところのハッピは背中に「」と入っています。むふふ。
★来年は観覧席で見てやるぜ!
[PR]
by moominet | 2005-09-15 23:49 | 楽しかったよ


ゲゲゲの旅 >>