出雲

旅から帰って参りました。
「ただいま~」

境港(鳥取県)へ向かう途中、少し遠回りして出雲(島根県)へも足を伸ばして参りました。

出雲大社のすぐそばにある「荒木屋」という創業200年の老舗蕎麦屋へ。
そこに川端康成のサインが何気なく飾ってあったのですが、何気なさすぎて驚きました。
色紙には「美味迎年」
川端先生はここで年越し蕎麦を食べたのでしょうかねぇ…。しみじみ。

その後、出雲大社と出雲の阿国のお墓へ。
出雲の阿国は京都にもゆかりのある、歌舞伎の開祖ですが、
そのお墓はボロボロで、荒れ果てたものでした。
それを見て悲しくなった私達は、その辺りに咲いていた草花を摘んできてお墓に供え、
持っていたペットボトルに水を汲んできてお墓を綺麗にしてあげました。
阿国さん、アーメン。

その後、日本海に浮かぶ神秘の島も見てきました。
誰も行けないようなその島の上に、ぽつねんと鳥居があるのです。
きっとあれは神様だけが降りられる島なのでせう…
そこで生まれて初めて灯台に登りました。
どこまでも広がる青い海と青い空。
そんな景色を前にして風に吹かれていると、まるで自分が鳥になったみたいでした。

ビバ!島根!

★「日本にこんな美しいところがあったのね」今回の旅はこの一言に尽きます。
[PR]
by moominet | 2005-09-15 22:38 | 楽しかったよ


<< ゲゲゲの旅 出雲、境港 >>