永遠の片思い

e0041403_217412.jpg

韓国映画好きの私。
オーバー40のおばちゃまみたいな恋愛観なのか、心境なのか、
自分でもその辺りは謎ですが、とにかく韓国映画ズキ。
切なくて素直に泣ける映画が多いから好きなんです。



あの日本純愛ブームの「セカチュ―」「今会い」とちょっと似てるんだけど、
どっか違う、それが韓国映画。
筋書きは、「今会い」並みに切ないベタ~な話なんだけど、
最後にドンデン返しがあったりして、いい意味で期待を裏切ってくれる。
そのへんは韓国、純愛路線の本場だけあるな~と思う。

私の親友チヨが韓国人(あと日本とスイスの血が入っている国際人ですが)
だから、彼女から色々と韓国文化について聞いている。
彼女が強く主張しているのは、韓国の人は感情の起伏が激しい!ということ。

感情の起伏が激しいと感情が豊かというのは相通ずるものがあるはず。
だから韓国人は「切ない」とはどういうことかっていうのを熟知していて
あんな映画が作れるのかもね。
感情をとにかく揺さぶってくるしね。
あと、やっぱ国が違うから、ストレートな純粋さも受け入れれるというか。
「そういうありえないことがあってもいいやん♪」的に受け止められる。

この映画も、また沢山感動して、沢山涙しました。
男女3人、恋愛の三角関係の物語かと思えば、それが違いました。
しかも最後に全部分かります。面白かったです。
最後のドンデン返しには、驚き半分、感動半分で大粒の涙でした。


★この歳で、韓国映画好きの人なんて出合ったことがなかとです。誰かいたら挙手してください。
そして一緒に映画館へ行きましょう!
★「マラソン」も見てみたい。
[PR]
by moominet | 2005-08-21 01:16 | 映画を観た


<< 生まれたときから「妖怪」だった 良かった >>